HOME>オススメ情報>間違った対応をしてしまうとデータが取り戻せないこともある

どこに頼むかを考えよう

パソコン修理

コンピューターのハードディスクは消耗品なので、半永久的に使い続けられるわけではないので気を付けましょう。浸水などの被害を受けたためにハードディスクが水没してしまったために、急いでデータ復元業者を探すこともあります。ただ、特にアクシデントが起こらなかったとしても普通に使っているだけで、ハードディスクは壊れてしまいます。アクシデントとは関係なく、コンピューターの調子がおかしいようであれば早めに業者を探して修理しましょう。業者と言っても、どこも同じように対応しているわけではないので、どこの業者に頼めば良いのかを考えてください。データ復元サービスの場合は、データを取り出すことが目的なのでハードディスクが使えなくなるかもしれません。修理サービスの場合は修理することが目的なので、この場合はデータが破棄されてしまいますから、データ復元が目的の場合はこの点に気をつけて業者を選んでください。

大事なデータが使えなくなったら

パソコン修理

大事なデータであれば企業だけではなく、個人であってもバックアップを取っておくものですが、それでもデータを失うことがあります。バックアップのデータまで失うこともありますから、このような場合はデータ復元サービスを利用しましょう。津波によって事務所が水没してしまったために、全てのデータが使えなくなってデータ復元業者に依頼が殺到したことがありました。水没以外の原因で利用することもありますが、業者に依頼する際には水没していたら濡れたまま渡した方が良いです。また、市販のソフトなどを無闇に使うのではなく、最初からデータ復元業者に頼んだ方が安全です。普通に生活していても、アクシデントが起こることはありますし、適切に対応して早く大事なデータを取り戻しましょう。

広告募集中